GROOVE!! Vol 14 GUEST DJ Mr.V(sole channel music)

Mr.V(sole channel music)

■PROFILE
Masters at WorkのLouie VegaとKenny Dopeによってプロデューサー/リミキサー、
そしてアーティストとしての才能を見初められ、Louie Vegaが主催するVega Recordsや
, レーベルメイトのAlix Alvarezと主宰するSole Channel Records、それからKing Street Sounds, Large Recordsから次々とヒット曲を量産するMr.V。

2002年にAlix Alvarezとの共作”The Anthem”でデビューしてからの活躍には目を見張る物があり、”Somethin’”(With Jazz), “Jus’Dance”, “The Drum”といった自身名義の作品から、
Louie Vegaとのコラボレーション”Let’s Get Jazzy”, Ananeとのコラボレーション”Let Me Love You”、リミキサーとしてもJeannie Hopper “De Jah Voo” , Roy Ayers “I Am Your Mind”, Johnny Dangerous “Beat That Bitch”を手がけ大ブレイクする。

ディープハウス、ガラージ、ラテンからヒップホップ、ディスコクラシックス、R&Bからジャズに至るまでの幅広い音楽に影響を受けたと語るMr.V。

マンハッタンのロウアーイーストサイド出身で、伝説的なクラブThe Worldでバウンサーをしていた叔母に影響され、幼い頃からNYのクラブシーンに馴染みのあったMr.V。

14才になる頃にはDJも始めた。地元のハウスパーティーで腕を上げた後にクラブ2i’sでプロとしてデビューし、現在では地元NYのBang the Party, Cielo, Louie Vega のDance Ritual Party等で定期的にプレイする他、

イギリスのSouthport Weekender, スコットランドのAudio Deluxe, トロントのLayers, スペインのPacha, ロンドンのMinistry of Sound等、世界中のクラブシーンをサーキットする。


【SOLE channel music Official Web Site】